Fedora 40 または 39 に ImageMagick をインストールする方法

ImageMagick は、画像の編集、変換、作成のための強力で機能豊富なソフトウェア スイートです。さまざまな画像形式をサポートし、さまざまな画像処理タスクに柔軟に対応します。ImageMagick は汎用性が高く、ユーザーはコマンド ラインから直接、さまざまな方法で画像を操作できます。これは、バッチ処理やスクリプトへの統合に特に役立ちます。

ImageMagick の主な特徴は次のとおりです。

  • 強力なフォーマットサポート: 200 種類以上の画像形式に対応しており、追加のソフトウェアなしで変換や処理が可能です。
  • バッチ処理: 複数のファイルにわたるタスクを自動化し、生産性と一貫性を向上させます。
  • 豊富な編集機能: 画像のサイズ変更、回転、切り取り、変更を正確かつ簡単に行えます。
  • カラーマネジメント: ICC カラー プロファイルを使用した包括的なカラー管理により、さまざまなデバイス間での色の正確性を確保します。
  • パフォーマンス: 速度が最適化された ImageMagick は、可能な場合はマルチスレッドとハードウェア アクセラレーションを活用します。
  • スクリプト可能: シェル スクリプトまたは他のプログラミング言語と統合してワークフローを自動化します。
  • 安全: 特定の操作を制限するように構成でき、潜在的なセキュリティ リスクを軽減するのに役立ちます。

これらの機能を理解することで、システム環境で ImageMagick の機能を効果的に活用できるようになります。次に、Fedora 40 または 39 Linux システムに ImageMagick をインストールするための技術的な手順を詳しく見ていきましょう。appstream リポジトリから直接インストールするか、最新バージョンをコンパイルする方法を説明します。

方法 1: DNF 経由で ImageMagick をインストールする

ImageMagick をインストールする前に Fedora を更新する

ImageMagick をインストールする前に、潜在的な問題を防ぐためにシステムが最新であることを確認することをお勧めします。これは、システム アップグレード チェックを実行して、すべてのパッケージを最新バージョンに更新することで実行できます。

sudo dnf upgrade --refresh

DNFコマンドでImageMagickをインストールする

DNF パッケージ マネージャーは、Fedora システムのデフォルトのパッケージ マネージャーです。DNF を使用して ImageMagick をインストールするには、次のターミナル コマンドを使用します。

sudo dnf install ImageMagick

DNF による ImageMagick のインストールの確認

このコマンドは、ImageMagick の最新バージョンとその依存関係をシステムにインストールします。インストールが完了したら、コマンドを実行してインストールを確認できます。

convert --version

このコマンドは、システムに現在インストールされている ImageMagick のバージョンを表示します。

方法2: ソースからImageMagickをインストールする

Fedora システムに ImageMagick をインストールするもう 1 つの方法は、ソースからビルドすることです。この方法では、ImageMagick の特定のバージョンをインストールしたり、ビルド オプションをカスタマイズしたりできます。ソースから ImageMagick をインストールするには、次の手順に従います。

ImageMagick インストール用の初期パッケージをインストールする

まず、次の依存関係をインストールします。

sudo dnf install gcc clang make

ImageMagick アーカイブをダウンロード

最新バージョンをダウンロード 公式 GitHub からの ImageMagick。 リンクを取得するには、GitHub にアクセスしてください。以下のコマンドは単なる例です。

wget https://github.com/ImageMagick/ImageMagick/archive/refs/tags/x.x.x-x.tar.gz

ImageMagickアーカイブの抽出

次のコマンドを使用して、ダウンロードしたアーカイブを抽出します。

tar xvzf <imagemagick archive>.tar.gz

次のコマンドを使用して、抽出したディレクトリに移動します。

cd ImageMagick-*.*

ImageMagickバイナリの設定、ビルド、インストール

コマンドを使用してビルドを構成します。

./configure

コマンドを使用して ImageMagick をビルドしてインストールします。

make
sudo make install

インストールが完了したら、コマンドを実行してインストールを確認できます。

convert -version

ImageMagick ターミナルコマンド

以下は、ImageMagick で使用できるコマンドとツールの表です。

指示意味
convert画像変換と操作のための中心的なコマンド
mogrify新しいコピーを作成せずにその場で画像を変更するコマンド
identifyフォーマット、寸法、色深度などの画像に関する情報を表示するコマンド
composite2つの画像を1つの画像に結合するコマンド
montage複数の画像をグリッド状に並べて合成画像を作成するコマンド
animate一連の画像からアニメーションを作成するコマンド
compare2つの画像を比較し、それらの違いを強調表示するコマンド
conjureMagick Scripting Language (MSL) で記述されたスクリプトを実行するためのコマンド
streamストリーミング中に画像形式を変換するためのコマンド
display画面に画像を表示するためのコマンド
importスクリーンショットをキャプチャするためのコマンド
mogrify新しいコピーを作成せずにその場で画像を変更するコマンド
magickMagick Scripting Language (MSL) で記述されたスクリプトを実行するためのコマンド
magick-scriptMagick Scripting Language (MSL) で記述されたスクリプトを実行するためのコマンド
magick-script-commandMagick Scripting Language (MSL) で記述されたコマンドを実行するためのコマンド

これらは ImageMagick の基本的なコマンドの一部です。より高度な操作を実行するにはさらに多くのコマンドを使用できますが、上記のコマンドは機能を探索するための良い出発点となります。

結論

Fedora 40 または 39 Linux に ImageMagick をインストールする手順を説明し、この強力なツールが画像処理タスクをいかに向上させるかを示しました。写真の微調整、フォーマットの変換、編集ワークフローの自動化など、どのような作業でも ImageMagick が頼りになるソリューションであることを覚えておいてください。その機能を試し続け、その可能性を最大限に引き出してください。行き詰まったり、インスピレーションが必要になったりした場合は、コミュニティ フォーラムにぜひ参加してください。画像操作を楽しんでください!

役に立つ関連リンク

ImageMagick の使用に関連する貴重なリンクをいくつか紹介します。

  • ImageMagick 公式サイト: ソフトウェア、その機能、ダウンロード オプションに関する情報については、ImageMagick の公式 Web サイトをご覧ください。
  • ImageMagick GitHub ディスカッション: GitHub のディスカッションに参加して質問したり、解決策を共有したり、ImageMagick コミュニティとつながったりしましょう。
  • ImageMagick コマンドラインオプション: ImageMagick を効果的に使用するための包括的なコマンドライン オプションのリストにアクセスします。
ジョシュア・ジェームズ