Fedora 40 または 39 に WoeUSB をインストールする方法

WoeUSB は、Linux システムで ISO または DVD から起動可能な Windows USB ドライブを作成するために設計された強力なオープン ソース ツールです。堅牢な機能を備えた WoeUSB は、Fedora Linux で Windows インストール メディアを作成しようとしているユーザーにとって不可欠なユーティリティとなっています。わかりやすい CLI インターフェイスにより、初心者にもプロにも使いやすく、高度なオプションによりパワー ユーザーのニーズにも対応します。このツールはさまざまな Windows バージョンをサポートしており、さまざまなユーザー要件に柔軟に対応します。

WoeUSB の主な特徴は次のとおりです。

  • 互換性: 幅広い Windows バージョンをサポートし、さまざまなユーザー ニーズに応じてユーティリティを強化します。
  • 使いやすい: コマンドライン ツールであるにもかかわらず、プロセスが簡単なので、あらゆるスキル レベルのユーザーが使用できます。
  • 柔軟性: ユーザーは ISO ファイルや物理 DVD から起動可能な USB を作成でき、複数のオプションが提供されます。
  • 効率: Windows インストール メディアの作成を効率化し、時間と労力を節約します。
  • オープンソース: オープンソース ツールとして、透明性とコミュニティの貢献および改善の機会を提供します。
  • 信頼性: 起動可能な Windows USB ドライブを作成するための安定した信頼性の高いソリューションを提供します。
  • カスタマイズ: 上級ユーザーの特定のニーズに応えるさまざまなカスタマイズ オプションを提供します。
  • 無料で使用可能: 無料で、起動可能な Windows メディアを作成する必要があるユーザーにコスト効率の高いソリューションを提供します。

WoeUSB のコア機能の理解からインストールの実行に移り、Fedora 40 または 39 システムに WoeUSB をインストールするための技術的な手順を詳しく見ていきましょう。

WoeUSBの可用性を確認する

まず、Fedora のパッケージ リポジトリで WoeUSB が利用可能かどうかを確認します。ターミナルで次のコマンドを実行します。

dnf search WoeUSB

このコマンドはリポジトリを検索し、WoeUSB がシステムにインストールできるかどうかを確認します。

WoeUSBパッケージをインストールする

確認したら、WoeUSB パッケージのインストールに進みます。パッケージ名の大文字と小文字の区別に注意しながら、以下のコマンドを使用します。

sudo dnf install WoeUSB

このコマンドは大文字と小文字を区別するため、「woeusb」ではなく「WoeUSB」と入力する必要があることに注意することが重要です。

WoeUSBのインストールを確認する

インストール後、WoeUSB がシステムに正しくインストールされていることを確認することが重要です。次のコマンドを実行して、インストールされているバージョンを確認します。

woeusb -v

このコマンドは、システムにインストールされている WoeUSB のバージョンを表示し、インストールが成功したことを確認します。

WoeUSB CLI コマンド

WoeUSB を Fedora システムにインストールすると、ISO イメージまたは DVD から起動可能な Windows USB ドライブを簡単に作成できます。多目的ツールとして、WoeUSB コマンドをカスタマイズして、単純な起動可能な USB の作成から、トラブルシューティングやカスタマイズなどのより複雑なタスクまで、さまざまな要件を満たすことができます。

WoeUSB ヘルプコマンド

まず、次のコマンドを実行して WoeUSB ヘルプを表示します。

woeusb -h

WoeUSB経由で起動可能なUSBを作成する

基本コマンド

下の図は、起動可能な USB ドライブを作成するための基本的なコマンドを示しています。

woeusb --device /path/to/windows.iso /dev/sdX

ここで、 /path/to/windows.iso Windows ISOファイルへの実際のパスと /dev/sdX USB ドライブのデバイス パスを入力します。

woeusb --device /home/user/Downloads/windows10.iso /dev/sdb

この例では、起動可能なWindows 10 USBドライブは、 windows10.iso ダウンロードフォルダに保存されているファイル。

WoeUSB で USB ドライブをフォーマットする

起動可能な USB の作成に取り掛かる前に、図のように USB ドライブをフォーマットしておくことをお勧めします。

例:

sudo mkfs.ntfs /dev/sdX

ここで、代用 /dev/sdX USB ドライブのデバイス パスを入力します。

例:

sudo mkfs.ntfs /dev/sdb

WoeUSB によるデバッグ

WoeUSB の使用中に問題が発生することは珍しくありません。詳細出力を有効にすると、デバッグに役立ちます。

woeusb --device /path/to/windows.iso /dev/sdX --verbose

例:

woeusb --device /home/user/Downloads/windows10.iso /dev/sdb --verbose

WoeUSB 追加パラメータ

追加のパラメータにより、WoeUSB はプロセスを好みに合わせて微調整できます。注目すべきパラメータには次のものがあります。

–ターゲットファイルシステム

このパラメータは、NTFS と FAT32 の両方をサポートする、ターゲット USB ドライブのファイルシステムを指定します。

woeusb --device /path/to/windows.iso /dev/sdX --target-filesystem NTFS

例:

woeusb --device /home/user/Downloads/windows10.iso /dev/sdb --target-filesystem NTFS

–パーティション分割

このパラメータは、ターゲット デバイスをパーティション分割する場合に便利です。特に、USB ドライブ上に保持したい他のデータがある場合に役立ちます。

woeusb --device /path/to/windows.iso /dev/sdX --partitioning

例:

woeusb --device /home/user/Downloads/windows10.iso /dev/sdb --partitioning

結論

このガイドでは、WoeUSB が利用可能かどうかの確認からインストール、システム上での検証まで、Fedora に WoeUSB をインストールする手順を順を追って説明しました。これで WoeUSB が起動して実行できるようになったので、起動可能な Windows USB ドライブを作成できます。WoeUSB のような適切なツールがあれば、最初は困難に思える作業も簡単にできます。USB 上に Windows インストーラーを作成する必要がある場合、これで簡単に処理できるようになります。コンピューティングをお楽しみください。

ジョシュア・ジェームズ