Ubuntu 24.04/22.04/20.04 に KDevelop をインストールする方法

KDevelop は、C++、Python、PHP、その他のプログラミング言語を使用する開発者向けにカスタマイズされた、強力で多用途な統合開発環境 (IDE) です。堅牢な機能と KDE デスクトップ環境とのシームレスな統合で知られる KDevelop は、高度なコード編集、デバッグ、プロジェクト管理機能を提供します。

KDevelop の主な機能:

  • 多言語サポート: 同じ環境内で異なるプログラミング言語を簡単に切り替えることができます。
  • コードナビゲーションと補完: インテリジェントなコード補完、構文の強調表示、ナビゲーション ツールを活用できます。
  • 統合デバッガー: 組み込みの GDB および LLDB デバッガーを使用して、アプリケーションを簡単にデバッグできます。
  • プロジェクト管理: Git や Subversion などのバージョン管理システムをサポートし、複雑なプロジェクトを管理します。
  • 拡張可能なアーキテクチャ: 特定の開発ニーズに合わせて、プラグインを使用して KDevelop をカスタマイズおよび拡張します。

導入はこれで終わりにして、コマンドライン ターミナルを使用して Ubuntu 24.04、22.04、または 20.04 LTS に KDevelop をインストールする方法を見ていきましょう。このガイドで使用する方法には、デフォルトの Ubuntu APT リポジトリ、Snapcraft (snap コマンド)、および Flathub リポジトリを使用した Flatpak が含まれます。

方法 1: APT 経由で KDevelop をインストールする

KDevelop をインストールする前に Ubuntu を更新する

インストール中に競合が発生しないように、開始する前にシステムで更新を実行して、すべてのパッケージが最新であることを確認してください。

sudo apt update

次のコマンドを使用して、古くなったパッケージのアップグレードを続行します。

sudo apt upgrade

APTコマンドでKDevelopをインストールする

Kdevelop をインストールする最も簡単な方法は、APT パッケージ マネージャーを使用することです。システムの安定性とセキュリティが確保されます。ただし、Flatpak や Snapcraft の方法で得られる最新の機能、パフォーマンスの改善、バグ修正は含まれていない可能性があります。

sudo apt install kdevelop

方法 2: Snapcraft コマンドを使用して KDevelop をインストールする

Snap を使用して Ubuntu に KDevelop をインストールするには、Snap パッケージ マネージャーがインストールを処理できる状態であることを確認することが重要です。Snap は Ubuntu にネイティブにインストールされており、KDevelop を含むさまざまなアプリケーションを簡単にインストールできます。KDevelop のインストールを進める前に、一部のパッケージでこの互換性が必要なため、システムをクラシック スナップをサポートするように設定する必要があります。

クラシックスナップのサポートを有効にする

次のコマンドを実行してシンボリック リンクを作成し、システムでクラシック スナップのサポートを有効にします。この手順により、Snap パッケージ マネージャーとの互換性が強化されます。

sudo ln -s /var/lib/snapd/snap /snap

コアスナップファイルをインストールする

KDevelop をインストールする前に、インストール プロセス中に発生する可能性のある競合を防ぐために、コア スナップをインストールすることをお勧めします。コア スナップ パッケージをインストールするには、次のコマンドを実行します。

sudo snap install core

SnapコマンドでKDevelopをインストールする

予備セットアップが完了したら、KDevelopのインストールに進むことができます。以下のコマンドを使用して、Snap経由でKDevelopをインストールします。 --classic フラグは、アプリケーションにシステムのリソースへのアクセスを許可し、完全な機能を保証するために必要です。

sudo snap install kdevelop --classic

方法 3: Flathub で Flatpak 経由で KDevelop をインストールする

3 番目のオプションは、Flatpak パッケージ マネージャーを使用することです。Ubuntu ディストリビューションには、デフォルトで Flatpak は含まれていません。Ubuntu の背後にある会社である Canonical も Snaps をサポートしており、Snapcraft の実行中に Flatpak がプリインストールされることがありません。ただし、必要に応じて Flatpak をインストールできます。

注記: システムにFlatpakがインストールされていることを確認してください。まだインストールしていない場合は、ガイド「UbuntuにFlatpakをインストールする方法サポートされている最新バージョンの Flatpak をインストールする詳細な手順については、「」を参照してください。

KDevelop で Flathub を有効にする

次に、ターミナルで次のコマンドを使用して Flatpack を有効にする必要があります。

sudo flatpak remote-add --if-not-exists flathub https://flathub.org/repo/flathub.flatpakrepo

Flatpak コマンドで KDevelop をインストールする

次に、 KDevelop フラットパック 次のコマンドを使用します。

flatpak install flathub org.kde.kdevelop -y

CLIコマンドまたはGUIパス経由でKDevelopを起動する

KDevelop がインストールされていれば、ターミナルまたは GUI パスからソフトウェアを起動できます。Ubuntu を初めて使用するユーザーのために、両方の方法について説明します。

KDevelop を起動する CLI メソッド

以下のインストール タイプに適した実行コマンドを使用します。

kdevelop
snap run kdevelop
flatpak run org.kde.kdevelop

KDevelopを起動するGUIメソッド

ほとんどのデスクトップ ユーザーは、指定されたパスのアプリケーション アイコンをクリックすることで、ソフトウェアをすばやく起動できます。

アクティビティ > アプリケーションを表示 > KDevelop

追加のKDevelopコマンド

KDevelop をアップデート

アップデートを確認するには、ターミナルでコマンドを実行する必要があります。最初に使用したインストール パッケージ マネージャーを使用して、これらのコマンドは KDevelop を含むシステムにインストールされているパッケージを確認します。

APT インストールの場合は、標準の APT 更新コマンドと APT アップグレード コマンドを使用します。

sudo apt update && sudo apt upgrade

スナップ インストールの場合、ターミナルで次のコマンドを使用して、すべてのスナップ パッケージを強制的に更新できます。

sudo snap refresh

Snap と同様に、Flatpak インストールでは、ターミナルで次のコマンドを使用して、すべての Flatpak パッケージをチェックして更新し、更新が利用可能かどうかを通知することができます。

flatpak update

KDevelopを削除する

APT バージョンをインストールしたユーザーの場合は、次の手順でアプリケーションを削除します。

sudo apt remove kdevelop

スナップ インストールでは次のコマンドを使用します。

sudo snap remove kdevelop

最後に、Flatpack バージョンを削除するには、次のコマンドを実行します。

flatpak uninstall --delete-data org.kde.kdevelop -y

結論

このガイドでは、Ubuntu 24.04、22.04、および 20.04 LTS に KDevelop をインストールする手順を詳しく説明しました。IDE がセットアップされたので、開発プロジェクトに着手する準備が整いました。KDevelop は、高度なデバッグ ツールや効率的なプロジェクト管理など、コーディング エクスペリエンスを最適化するように設計されたさまざまな機能を提供します。時間をかけてこれらの機能を調べ、生産性を高めてください。開発の取り組みが成功することを祈っています。

ジョシュア・ジェームズ