Ubuntu Linux に RPM パッケージをインストールする方法

RPM パッケージは Fedora や CentOS などの Red Hat ベースのディストリビューションにネイティブであるため、Ubuntu Linux に RPM パッケージをインストールするのは難しい場合があります。ただし、適切なツールと手順を使用すれば実行可能です。

考慮すべき重要なポイントは次のとおりです。

  • RPM および DEB パッケージの理解: RPM (Red Hat Package Manager) と DEB (Debian Package) は、2 つの異なるパッケージ管理システムです。Ubuntu はデフォルトで DEB を使用し、Red Hat ベースのシステムでは RPM が使用されます。
  • Alienのインストール: Alien は、RPM パッケージを DEB パッケージに変換し、Ubuntu と互換性を持たせるツールです。
  • 依存関係: インストールに関する問題を回避するために、必要な依存関係がすべて揃っていることを確認してください。
  • コマンドラインの使用: これらの操作にはターミナルが不可欠です。基本的なターミナル コマンドの知識が役立ちます。

導入はこれで終わりにして、コマンドライン ターミナルを使用して Ubuntu 24.04、22.04、または 20.04 LTS に RPM パッケージをインストールする方法を見ていきましょう。

Ubuntu システムをリフレッシュしてアップグレードする

Linux システム管理タスクの最初のステップは、システムが最新であることを確認することです。これにより、古いソフトウェアによる潜在的な競合を回避し、よりスムーズなインストールの基盤が築かれます。

Ubuntuの場合、これは apt パッケージ処理ユーティリティと update そして upgrade コマンド:

sudo apt update && sudo apt upgrade

Linux カーネルまたは複数のパッケージを更新する場合は、必ず再起動してください。

RPMサポートのためにAlienをインストールする

Ubuntu は、Debian と同様に、そのままでは RPM パッケージをネイティブにサポートしていません。このギャップを埋めるために、「Alien」という便利なツールを活用します。Alien は、RPM パッケージの変換とインストールを可能にすることで、Ubuntu での RPM サポートを容易にします。

Ubuntuのデフォルトのソフトウェアリポジトリの一部であるため、Alienを簡単にインストールできます。 apt パッケージ処理ユーティリティ:

sudo apt install alien -y

このコマンドでは、 alien インストールしたいパッケージであり、 -y フラグにより​​、確認のために一時停止せずにプロセスを続行できます。

Ubuntu での Alien のインストールを確認する

Alien をインストールした後は、インストール プロセスが正常に完了したことを確認することが重要です。この確認により、システムに現在インストールされている Alien のバージョンも確認できます。両方の手順により、システムが RPM パッケージを処理できる状態であることが保証されます。

インストールされている Alien のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。

alien --version

このコマンドは、Alien にバージョン番号を返すように指示します。成功した場合の出力は次のようになります。

alien version x.x.x

ここで、「xxx」は Alien ツールの実際のバージョン番号に置き換えられます。

Alien コマンドを使用して RPM パッケージをインストールする

RPM パッケージをダウンロードする

Ubuntu Linux システムに RPM パッケージをインストールする最初の手順は、必要な RPM ファイルを入手することです。これらのファイルは、公式ソフトウェア ベンダーの Web サイトまたは信頼できるサードパーティのリポジトリからダウンロードできます。

注記: ダウンロードする際には、32 ビットか 64 ビットかにかかわらず、システム アーキテクチャに適した正しいバージョンを取得していることを確認することが重要です。

RPM パッケージを DEB 形式に変換する

RPM パッケージを確保したら、Alien ツールを使用してファイルを DEB パッケージに変換します。DEB 形式は Ubuntu Linux システムのデフォルトのパッケージ形式であり、変換によってインストール プロセスが容易になります。方法は次のとおりです。

RPMパッケージのあるディレクトリに移動する

ターミナルを開き、ダウンロードした RPM パッケージが格納されているディレクトリに切り替えます。RPM パッケージが '~/Downloads' ディレクトリにあると仮定すると、次のコマンドでそのディレクトリに移動できます。

cd ~/Downloads

RPM パッケージを DEB 形式に変換する

この段階で、Alien を使用して RPM パッケージを DEB パッケージに変換する準備が整いました。'your-package.rpm' を実際の RPM ファイル名に置き換えます。

sudo alien -d your-package.rpm

このコマンドは変換を開始し、同じディレクトリ内に DEB パッケージを保存します。新しく生成された DEB パッケージは元の RPM パッケージの名前を持ちますが、拡張子は .deb になります。

変換されたDEBパッケージをUbuntuにインストールする

RPM パッケージが DEB 形式に正常に変換されたら、このパッケージを Ubuntu Linux システムにインストールします。

DEBパッケージをインストールする

新しく変換された DEB パッケージのインストールは、次のコマンドで実行されます。

sudo dpkg -i your-package.deb

必ず「your-package.deb」を実際の DEB ファイル名に置き換えてください。

依存関係の問題を修正

パッケージのインストール中に依存関係の問題が発生した場合は、次のコマンドを実行することで問題を軽減できます。

sudo apt --fix-broken install

このコマンドは、DEB パッケージに必要な不足している依存関係をインストールし、発生した可能性のある依存関係の競合を解決します。

インストールの確認

変換された DEB パッケージをインストールした後、ソフトウェアが Ubuntu Linux システムに正常に統合されていることを確認することが重要です。

インストールされたパッケージを精査する

インストールされたパッケージを評価するには、次のコマンドを使用できます。

dpkg -l | grep package-name

'package-name' をソフトウェア パッケージの実際の名前に置き換えてください。このコマンドは、インストールされているパッケージとそのバージョンの一覧を表示します。

インストールしたソフトウェアをアクティブ化する

新しくインストールしたソフトウェアが正しく動作することを確認するには、バイナリ ファイルをトリガーするか、関連する関連コマンドを使用してソフトウェアを実行してみてください。ソフトウェアが開いて期待どおりに動作する場合、Ubuntu Linux システムに RPM パッケージが正常にインストールされています。

最終的な考え

最後に、このガイドでは、私たちの友人である alien パッケージ。これらのRPMをUbuntuが簡単に処理できるDEBファイルに変換する方法を見てきました。これにより、システムの推奨フォーマットでパッケージ化されていないという理由だけでソフトウェアを使用できないという事態に陥ることはありません。最後のアドバイスは?変換されたパッケージの安定性とシステムとの互換性を常に再確認することです。そして、覚えておいてください。 alien 素晴らしい仕事をしますが、物事をスムーズに進めるために、まずネイティブ DEB バージョンを探すのが賢明です。

ジョシュア・ジェームズ